劇団「隕石のかけら」

               のホームページへようこそ!

  

★劇団「隕石のかけら」とは★

  

劇団「隕石のかけら」とは…

 
役者兼主宰の布宮和明が、2005年に

立ち上げた劇団です。

 
“芝居に限界はない”……だからこそ、

常に、演劇の新しい型・可能性を

追及していこうとしています。

 
2006年の旗揚げ公演では、

ライブハウスにて、ヘヴィメタバンド

とのコラボレーション企画

『革命コラボレーション!!』を上演。

   
翌年にはその更なる進化型として

同じヘヴィメタバンドと再びタッグを

組み、第2弾『ウェディングドラム』

を上演。

  

バンド(音楽)とのコラボレーション

だけではなく、一つの台本に対して、

二人の演出家を配し、同じ役者を使って

二つの作品を同時上演するという試みに

チャレンジしました。

  

2008年に主宰の布宮が、

単身フィジーへ飛び、

3ヶ月の滞在の間に、

劇団初の海外公演を敢行。

   

これは地元の 新聞二紙 に

取り上げられました。

  
帰国後、新生 劇団「隕石のかけら」

として、再スタートしました。

    

 

“演劇の更なる可能性、新しい型を

追及していきたい”  

 

“今まで誰もやっていないような演劇

をやりたい”

 

“芝居人の常識をくつがえすような

劇団をつくりたい”

 

  

それが、劇団「隕石のかけら」の

目指すところです。

   

   

  

 

 ホームページへ戻る

      

  

Copyright(C)2005-2024inseki no kakera All rights reserved.

当サイトに関する全ての文章・コンテンツに関しての無断転載を禁じます。

  

inserted by FC2 system